母や姉を抱くのは当たり前のことだと思ってました

私は、東北の田舎町の45歳の役場職員です。

現在は、39歳の妻と今年高校生になる娘と、今年中学生になる息子と4人暮らしです。

私は、親子姉弟での性交が禁忌される事だと知らずにいました。

なぜなら、私の初体験は小5、相手は母でした。

因みに、同じ日に3歳年上の姉が父と初体験しています。

11歳の少年と40歳の母、14歳の少女と43歳の父、同じ部屋で性を交えました。

姉の痛がる声と、射精することなく勃起を続けた私の男根が、翌日赤くなってヒリヒリしたこと、今でもはっきり覚えています。

私は、幼稚園に入るまで両親と寝ていましたが、両親は、私の横で平気で夫婦の営みをしていました。

私が目覚めてその様子を見ていても、気にすることなく抱き合い、愛し合っていました。

いつもの両親と違う、非日常の世界だとは感じていましたが、生まれてからずっとその環境にいたので不思議ではありませんでした。

私が幼稚園に行くようになると姉と同じ子供部屋になり、姉と一緒に寝ていました。

姉が中学に入り、私が小4になった頃、姉の女陰を舐めたり、姉に男根を舐められたり、両親がしていたような事を真似るようになりました。

『熟女・義母・人妻とのエッチな体験談』で続きを読む

コメントを残す